So-net無料ブログ作成
検索選択

香水のこと [美容]

スポンサーリンク




  • 香水の種類は

    「賦香率(ふこうりつ)」で大きく分けると5種類あります。

  • 「賦香率」とは

    香りの元となる香料が、香水の成分のなかでどの程度の割合を占めているかを示す数値「香料の濃度」のことをいいます。

    一般的に香水は濃度の高いほうから順に、
    • パルファン(P)
    • オーデパルファン(EDP)
    • オーデトワレ(EDT)
    • オーデコロン(EDC)
    • オーデサントゥール(EDS)
    の5段階の濃度で分類されます。

    この5段階の名称の略「P」「EDP」「EDT」「EDC」「EDS」は、香水の商品紹介で使われています。

  • 特徴・用途

    • パルファン(P)
      香りに豊かさと深みがあります。パーティーやフォーマル向き。

    • オーデパルファン(EDP)
      パルファンに近い濃度と深い香り、品格を持つ。手頃な価格で使いやすい。

    • オーデトワレ(EDT)
      品がよくソフトな香り立ち。お仕事などデイタイムでの使用にも向いている。

    • オーデコロン(EDC)
      最もライトで爽やか。気分のリフレッシュ、スポーツの後、入浴後に最適。

    • オーデサントゥール(EDS)
      アルコールを使っていないタイプ。お肌の弱い方や子供さんにも使えます。

  • 継続時間

    • パルファン(P) 5~7時間
    • オーデパルファン(EDP) 5時間
    • オーデトワレ(EDT) 3~4時間
    • オーデコロン(EDC) 1~2時間
    • オーデサントゥール(EDS) 1~2時間



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。