So-net無料ブログ作成
検索選択
アイドル ブログトップ

丸山夏鈴さんの肺がんって [アイドル]

アイドルの丸山夏鈴さんが肺がんでお亡くなりになりました。


最近、芸能人のがんのニュースをよく見る気がします。
検索すると、有名人だと上の3件で、他にも出てきます。

昔の時代には、がんという病気はなかったと聞いたことがあります。
理由は、寿命が短かったのでがんになる前に死んでしまうということらしい。

平均寿命見てみると・・・

室町時代   33歳
江戸時代   45歳 農民は30代半ばといわれています
明治     43歳
大正     46歳
昭和戦前   48歳
昭和戦後直後 52歳 昭和22年になりやっと寿命が50歳を超えました。
平成21年  83歳

しかし、この数字は、幼くして命を落とす子供も数字に反映されているため、大人はもっと長く生きる人がいたと思います。大名などの歴史上の人物は、長生きな人が多いので推測できます。

現代は、第1位「がん」、第2位「心疾患」、第3位「脳血管疾患」ですが、
江戸時代の死因は「脳卒中」「肺炎」「結核」「その他伝染病」であったようです。

現代の死因第1位のがんですが、江戸時代にはランキングに入っていません。
がんという病気の認識がなかったことも原因かと思われますが、現代では簡単に治る病気でも命を落としたようです。

現代のがん発症年齢を見ると・・・
最新がん統計(がん罹患率~年齢による変化)


老化した細胞ががん化を促進する仕組みをハエで解明
細胞老化を起こした細胞が炎症性のたんぱく質を放出して周辺組織のがん化を促進する

50歳を超えると発症率が上がるのがわかります。

歳を取るとがんになりやすく若い人はかかりにくい。

よって、寿命が短く発症の確立が上がる年齢までの生存人数が少ないため、昔の時代にもがんという病気はあったが、極少なかったと推測できます。

丸山夏鈴さんが若くしてがんという病気になった事は、とても稀な事で、才能がある若い人が早くいってしまうのはとても悲しいです。

ご冥福をお祈りいたします。

以下のサイトを参考にさせていただきました

アイドル ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。